対応ソフトウェア

下記のソフトウェアで作成されたデータがチェック対象となります。

    Adobe製品のデータチェックについて

    アドビ株式会社のアプリケーションのサポートが、2バージョン前までの対応となりましたことに伴い、当サイトでは、データチェックを最新バージョンのアプリケーションにて行うことといたしました。

    ご入稿データに関しましては、以前のバージョンでのデータも引き続きうけたまわりますが、互換性のない以前のバージョンの場合、画像の回転や線の変形など、意図しない差異が生じる可能性がございます。

    印刷直前のデータをPDFデータで確認できる、WEB校正サービスのご利用をおすすめいたします。(2022/10更新)

    >>WEB校正サービスの詳細はこちら

Macintosh

対応ソフトウェア 対応するバージョン
Adobe Illustrator 5.5 / 7.0.2 / 8.0.1 / 9.0.2 / 10.0.3 / CS(11.0.1) / CS2(12.0.1) /
CS3(13.0.3) / CS4(14.0.1) / CS5(15.1) / CS6(16.0) /
CC 2014 / CC 2015 / CC 2017 / CC 2018 / CC 2019 / CC 2020 /
CC 2021 / CC 2022 / CC 2023 / CC 2024
Adobe InDesign 2.0.2 / CS(3.0.1) / CS2(4.0.5) / CS3(5.0.4) / CS4(6.0.5) /
CS5(7.0.2)/ CS5.5 / CS6(16.0) / CC 2014 /
CC 2015 / CC 2017 / CC 2018 / CC 2019 / CC 2020 / CC 2021 /
CC 2022 / CC 2023 / CC 2024
Adobe PhotoShop 4 / 5 / 5.5 / 6 / 7.0.1 / CS(8.0.1) / CS2(9.0.2) /
CS3(10.0.1) / CS4(11.0.1) / CS5(12.0.1)/ CS6(16.0) /
CC 2014 / CC 2015 / CC 2017 / CC 2018 / CC 2019 / CC 2020 /
CC 2021 / CC 2022 / CC 2023 / CC 2024
Adobe Acrobat 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / Ⅹ / XI

  • Macintosh版のMicrosoft Officeは対応外となります。お客様でAdobe AcrobatなどでPDFに変換していただければ対応可能となります。
  • OSXの標準機能を使用して作成されたPDFはエラーで印刷できない場合がございます。Adobe Acrobatなどで変換することを推奨しております。

Windows

対応ソフトウェア 対応するバージョン
Adobe Illustrator 7.0.1 / 8.0.1 / 9.0.2 / 10.0.3 / CS(11.0.1) / CS2(12.0.1) /
CS3(13.0.3)/ CS4(14.0.0)/ CS5(15.1)/CS6(16.0) /
CC 2014 / CC 2015 / CC 2017 / CC 2018 / CC 2019 / CC 2020 /
CC 2021 / CC 2022 / CC 2023 / CC 2024
Adobe InDesign 2.0.2 / CS(3.0.1) / CS2(4.0.5) / CS3(5.0.4) / CS4(6.0.5) /
CS5(7.0.2) / CS5.5 / CS6(16.0) /
CC 2014 / CC 2015 / CC 2017 / CC 2018 / CC 2019 / CC 2020 /
CC 2021 / CC 2022 / CC 2023 / CC 2024
Adobe Photoshop 4 / 5 / 5.5 / 6 / 7.0.1 / CS(8.0.1) / CS2(9.0.2) / CS3(10.0.1) /
CS4(11.0.1) / CS5(12.0.1)/ CS6(16.0) /
CC 2014 / CC 2015 / CC 2017 / CC 2018 / CC 2019 / CC 2020 /
CC 2021 / CC 2022 / CC 2023 / CC 2024
Adobe Acrobat 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / Ⅹ / XI
Microsoft Word 97 / 2000 / XP(2002) / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016~ / Microsoft365
Microsoft Excel 97 / 2000 / XP(2002) / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016~ / Microsoft365
Microsoft PowerPoint 97 / 2000 / XP(2002) / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016~ / Microsoft365
Microsoft Publisher 98 / 2000 / XP(2002) / 2003 / 2007 / 2010 / 2013 / 2016~ / Microsoft365

  • Microsoft Office(Excel、Word、PowerPoint、Publisher)は2回目までは無料で印刷用データに変換いたしております。(3回目以降は1ページごとに1,048円(税別953円)いただきます。)
  • Officeのバージョンは体裁を完全に保証するものではございません。確認用PDFをお送りいたしますので、体裁等のご確認をお願いいたします。
  • Microsoft社以外のOffice系ソフト(一太郎、OpenOfficeなど)は対応外となります。
  • Officeデータをお客様でPDFに変換後入稿していただければ「Office変換サービス」の時間分短縮する事ができます。
  • Office 2007をWindows XPでお使いの場合は字形が変わっている所が一部ございますのでご注意ください。
  • Excel、Publisherでのご入稿につきましては、ソフトの性質で良質な印刷結果が得られないためWord、PowerPointなどのご入稿をおすすめしております。
  • Office系ソフト(Word、PowerPoint)でのご入稿をお考えのお客様は、可能な限り弊社推奨のテンプレートをご利用のうえご入稿ください。

記載がないソフトウェアについて

記載のないソフトはデータチェック対応外となります。対応外のソフトは、PDFや画像に変換していただければ、データチェックが可能となります。

PDFデータに変換した場合、PDFデータの詳細をご覧いただき、 データに問題が無いか確認してください。 データ入稿の際の保存形式は「PDF」を選択してください。
JPEG形式やBitmap形式、TIFF形式などの画像に書き出しができる場合は、Adobe PhotoShopの詳細を ご覧いただき、データに問題が無いか確認してください。 データ入稿の際の保存形式は「画像(jpeg他)」を選択してください。


データのカラーモードについて

Microsoft Office系のソフトやPhotoShop Elementsをお使いの方はカラーモードが「RGB」となります。
印刷する際には弊社にて無料でCMYKに変換させていただきます。

RGBからCMYKに変換した際に、中には全く異なる色やくすんだ印象での仕上がりとなる場合があります事を、ご了承お願いいたします。 詳しくは、CMYK・RGBのカラーモードについてをご参照ください。


ソフトウェア別の注意事項もご用意しております。
ご確認いただき、データ作成の参考にしていただければと思います。

イロドリの豊富な商品はこちらから >
対応のソフトウェア・アプリケーションを確認したら注文しよう!

ページトップへ戻る

激安パック トップへ戻る