高彩度、高再現性。広色域印刷

色のくすみ、沈みを抑え、
鮮やかで透明感のある
仕上がりを提供致します。

広色域印刷の主な特徴

  • ・モニターの発色に近い色域での発色
  • ・透明感のあるクリアーな色調

広色域印刷にオススメの印刷物

  • ・コンピューターグラフィックス(CG)
  • ・アニメーション、コミックイラスト
  • ・食品、商品用印刷物

広色域印刷

広色域印刷

通常の印刷

通常の印刷

広色域印刷とは

「モニターの発色イメージを印刷物で再現したい」
「RGBカラーの色域で印刷したい」
そんな要望にお応えするのが東洋インキ株式会社のカレイドインキ(Kaleido)※を使用した広色域印刷です。
通常の印刷では、RGBとCMYKのカラーモードの違いにより、モニターの色味に比べるとピンクや濃いブルーなどの色がくすんだような仕上がりになり、表現に限界がありました。
広色域印刷ではCMYKの4色での印刷でありながら、イロドリの通常の印刷に比べ、よりモニターの色に近い色域での印刷が可能になります。透明感のある鮮やかな色彩の印刷物を提供いたします。

カレイドインキと独自のカラーマネジメント技術を用いて印刷を行います。色校正は再現域の広いインキを使用した印刷を行い、本機校正にて対応いたします。品質を重視したい商品のための、ハイクオリティな印刷です。各種加工、納品方法などにつきましてもご相談ください。

本サービスは、枚数過不足なし、120%の品質を保証いたします。ご納得いただけない場合は、返金対応いたします。

※カレイドインキ(Kaleido)
プロセスインキに比べ、色域が広くAdobe RGBの再現性が高いインキです。プロセスインキと同じ4色印刷でありながら色再現領域が広いため、これまででは再現が難しかった色域を綺麗に印刷することができます。
関連情報:Kaleido(東洋インキ株式会社webサイト)

ガモット図提供/東洋インキ製造㈱
入稿時のご注意
  • ・入稿データはRGBモードでの作成を推奨致します(データ内に含まれるリンク画像を含む)
  • ・CMYKモードのデータをご入稿いただいた場合でも進行は可能ですが、
     インキの違いにより全体的に色が浅く印刷が行われます。
  • ・広色域印刷はRGBの色域を完全に再現するものではございません。
     絵柄などにより違いを感じにくい場合がございます。

広色域印刷と通常オフセット印刷の違い

広色域印刷 通常オフセット印刷
付け合せ 1つの印刷データのみで印刷 複数の印刷データをつけ合わせして印刷
校正・色合せ 校正:本機校正 /色合せ:あり 校正:なし
印刷日数 色校正:2日/本刷り:4日 1~10日
最小ロット 100部 100部
用紙 専用紙2種+別途見積もり サイト取り扱い用紙
カラーモード RGBモード CMYKモード
色合せ 色合せ:あり Japan Colorを基準に印刷

印刷物の比較サンプル

広色域印刷

広色域印刷サンプル画像1

通常オフセット印刷

通常オフセット印刷サンプル画像1

広色域印刷

広色域印刷サンプル画像2

通常オフセット印刷

通常オフセット印刷サンプル画2

広色域印刷

広色域印刷サンプル画像3

通常オフセット印刷

通常オフセット印刷サンプル画像3
※画像はイメージです。実際の仕上がりと異なる場合がございます。
お問い合わせ