画像の解像度について

画像の解像度について

「解像度」は、デジタル画像のきめの細かさを指しています。
単位は dpi : dot/inchなどで表し、1インチあたりの点の数を表しています。
数値が高いほど密度が高くなり、きめが細かいという事になります。
印刷の際に必要な解像度は仕上がりのカラーとイメージによって異なります。

 画像 の仕上がりイメージ  解像度  カラーモード 
白か黒しかなくグレーの部分が
まったくない、文字のみや、
線画のみの場合
1200 dpi程度 モノクロ2諧調
白黒の写真やイラストがある場合 600 dpi 程度 グレースケール
カラーの写真やイラストがある場合 350 dpi 程度 CMYKカラー

印刷では上の表のような解像度が目安となります。
インターネットなどの画像は、72dpiや96dpiあれば綺麗に見えますが、印刷に必要な解像度の5分の1程度しか密度がないため印刷すると粗くなってしまいます。

デジタルの画像やデジタルカメラの画像は作った時(撮影した時)に設定したpixel(dot)数になります。
拡大した場合は画像のサイズは大きくなりますが、pixel(dot)の数が変わらない為、解像度が低く粗くなります。
使用したいサイズのときに必要な解像度になっているか注意が必要です。
pixelでサイズを指定する場合はこちら

【ご注意】

※画像の解像度などは、良いか悪いかの判断がしづらいため、弊社では目視にて確認を行なっております。
 以下の様な画像は粗画像として、指摘をさせて頂く可能性がございます。

・画像に含まれている文字が読めないなど、印刷に進行して良いか判断ができかねる場合
 また、解像度が上記表に満たない場合でも、印刷上問題がないデータは、そのまま印刷へ進める場合もございます。
 予めご了承ください。

トップへ戻る