仕上がりサイズについて

仕上がりサイズについて

お客様が商品としてほしいサイズが仕上がりサイズとなります。
通常の印刷では、仕上がりサイズの用紙に印刷しているのではなく、大きな紙に印刷した後で、『断裁』という作業を行って仕上がりサイズに切揃えています。

仕上がり位置まで色が必要なデザインの場合、断裁時の微妙なズレやデータの微妙なズレにより、白い隙間ができてしまう事があります。 仕上がり位置まで色があるデータの場合、必ず3mm分大きく作ってください。(塗り足し)

断裁仕上がり位置に近い場所に文字があると、断裁のズレやデータのズレ具合によっては文字が切れてしまうので、デザイン上必要な場合を除いて、仕上がり位置より2~3mm程度内側に作成してください。

img_finish_size01.gif

折り加工がある場合は、折って完成した商品の大きさが、仕上がりサイズとなります。

折る前の開いた状態のサイズを展開サイズと呼びます。
(二つ折りで仕上がりサイズがA4の場合、展開サイズはA3となります。)

img_finish_size02.gif

トップへ戻る