イロドリ  > ご利用の手引き  > Microsoft Office  > 出力時に起こりうる体裁崩れについて

出力時に起こりうる体裁崩れについて

出力時に起こりうる体裁崩れについて

出力時に起こりうる体裁崩れについて

変換結果がイメージ通りにならないことがあります。

  • ※ワードアートは表現方法が変化することがあります。
  • ※点線の幅が変化することがあります。
  • ※カラーモードをRGBからCMYKに変換するため、色が変わってしまいします。
  • ※0.25pt未満の細い線は使用しないでください。線がかすれて表現ができなくなる可能性があります。
  • ※線の色の設定で「パターン」をご使用になられた場合、線が消えてしまう危険性がございますのでご使用しないでください。

Windows Vistaで制作される場合
「JIS90」(Windows XP)から「JIS2004」(Windows Vista)への対応となり文字の追加や同一コードで字体が変更されています。そのため、Vista環境下でデータを作られてご入稿いただく際は、必ず弊社対応フォントであるかご確認をいただき、ご入稿時の備考欄に「制作環境Vista」という旨をご記載ください。
※記載がない場合は、対応フォントであっても文字抜けや字体が異なった状態になる恐れがございます。

トップへ戻る