天地、表裏の指示について

天地、表裏の指示について

特別に指示がない場合、 データの上部を「天」下部を「地」として進めます。

TENTI-01.gif

指示がある場合は、トンボの外側や、テキスト、仕上がりイメージ画像等でお知らせください。

両面印刷をする場合は、「表」と「裏」が分かるようにファイル名などでご指示願います。
特別に指示がなく一つのデータで複数ページがある場合は奇数ページを「表」、偶数ページを「裏」として進めます。

130626-1.gif
複数のページを一つのページ内に作成することはしないでください。

必ず、データで分けるか、ページで分けて作成してください。

130626-2.gif

中綴じ冊子や無線綴じ冊子をする場合は、トンボの外側や、ファイル名などでページが分かる

ようにしてください。

あわせ面のパターン データの表と裏の向きが同じ場合

表裏のデータの上同士が合うように両面印刷します。
tenti-02.gif
tenti-05.gif

あわせ面のパターン 表面がタテ型、裏面がヨコ型の場合

裏面を時計回りに回転させて、用紙の向きを合わせて印刷します。(左天あわせ)

tenti-03.gif
向きが違う場合、向きを合わせるためには、右回りか左回りか2パターンありますが、特別な指示が無い限り、表を基準として裏面を右回り(時計回り)に回転で印刷させて頂きます。

あわせ面のパターン 表面がヨコ型、裏面がタテ型の場合

裏面を時計回りに回転させて、用紙の向きを合わせて印刷します。(左天あわせ)

tenti-04.gif
向きが違う場合、向きを合わせるためには、右回りか左回りか2パターンありますが、 特別な指示が無い限り、表を基準として裏面を右回り(時計回り)に回転で印刷させて頂きます。

あわせ面のパターン デザインとデータの向きが異なる場合

以下の場合は、ご指示がない限りそのまま進行する可能性がございます。
デザインの天地(上下)が逆に仕上がってまいります。ご入稿前に一度ご確認ください。

tenti-06.gif
tenti-07.gif

トップへ戻る